労務管理をシステム化することで業務の効率化を狙いましょう

SITEMAP
ベージュのスーツの女性

増員による人件費負担増加を避けるのに人事労務管理システムが便利

スマホの操作

新卒社員を沢山採用している企業では、春先に人事関連の業務が大幅に増加するのが常です。これは、社員に関する情報を会社の人事情報として新規登録する必要があるためと、新入社員に対しては、社会人マナーやビジネスの基本を研修でいちから仕込む必要があるためです。この時期、人事関連部門のマンパワー不足で悩む会社も多いですが、人事労務管理システムを導入すれば、敢えて人員増という選択をしなくても、繁忙期を乗り切ることが出来るはずです。人員増は、必然的に会社が負担する人件費増大につながるので、できればそれ以外の方法で対処したい会社が多いでしょう。
新卒スタッフが大勢入社するのに先立ち人事労務管理システムを導入しておけば、まず、人事情報の登録に関しては、入社した社員本人に自分の情報登録を分担してもらうことが出来ます。人事や上長は、社員が登録した内容をチェックするだけで済むため、社員から集めた情報を誰かが取りまとめて登録するよりもずっと効率よく業務を処理できます。
また、他の人事・労務管理業務に関しても、情報を一元管理しているシステムがあれば、新入社員に対してはそのシステム一つについて操作方法を教えればいいので、人事業務や労務管理手続きに関する教育訓練の手間も随分と効率化できるでしょう。

効率アップとコストダウンをまとめて実現できる人事労務管理システム

システム化の促進は、概ね業務効率化を主たる目的として行われますが、業務効率化によって様々なコストダウンも実現できるケースが多いです。人事労務管理システムを導入する場合も同様です。特に、バックオフィスの人件費コストや消耗品、ファシリティ関係のコストダウンを図りたい会社にとっては、人事や労務管理業務システム化による効率アップにより、目標とするレベルの経費節減を達成できる可能性が十分にあります。
例えば、労務管理や人事関連の諸業務を、紙ベースでの処理から電子処理に切り替えることで、書類の印刷やコピーに使うインク代や用紙代といった消耗品費は確実にダウンします。紙を使わずに電子処理する手順の方が、同じ手続き内容であってもより簡潔かつスピーディなので、処理に要する業務時間も短縮でき、効率化が図れます。また、印刷物が減る分、それをファイリングして保存する場所が必要なくなるため、ファシリティ関連の出費が増えて悩んでいる会社にとっては、この点でもメリットがあります。
更には、人事・労務管理業務の効率化によって処理時間が短縮されることで、これを担当する人員の数も増やさずに対応可能になります。つまり、バックオフィススタッフの人件費増大も防ぐことが出来るでしょう。

重要性の高い業務に集中できるよう人事労務管理システムを導入しよう

昇進してマネジメントに関与することになると、社員の多くはある種のジレンマに悩む場合が多いです。それは、集中して取り組みたい重要度の高い業務と、人事や労務管理関連の業務に割く時間のバランスをどうとったらいいのかという問題です。担当する部下の人数次第とは言え、部下がいなかった頃に比べれば、明らかに人事や労務管理というマネジメント職特有の追加業務によって本来業務に割くべき時間が削られており、その点にフラストレーションを感じる社員も少なくありません。
会社としては、マネジメント職に就けるような優秀な社員には、部下の指導もさることながら、できるだけ重要度の高い仕事で実力を発揮して欲しいところでしょう。そこで、こうした課題をクリアするためにも、人事労務管理システムを導入することをおすすめします。
人事や労務管理周りの仕事で手間取るのは、案外、事務処理系の業務や作業が多いものです。こうした業務は、システム導入によって電子的処理できるようにするだけで、手順を大幅に効率化出来ます。従って、こうした業務をシステム化することにより費やされていた時間を短縮できるため、重要性の高い他の業務により多くの時間と労力を振り向けることが可能になるでしょう。

インフォメーション

  • 人事労務管理システムを利用して業務をスマートに

    評価の基準の透明化が叫ばれる昨今、人事評価などを行う際に、客観性を求められる場面が増えています。人事における労務管理についても、それは例外ではありません。考えられる解決策の1つとして、人事労務管…

    MORE
  • 労務管理システムで実態分析!そしてデータをビジュアル化しよう!

    人事や労務管理を行う部門に対して各部門が求めることは、労働環境の改善、適切な人員配置、そして新規採用の際には必要な人材を登用することです。しかし、これらのニーズに対して効率良くそして適切な対応が…

    MORE
  • 人事や労務管理の担当者不足!システム化で効率化!

    人事や労務管理に関わる部門においては、法改正や社会的なニーズの変化により労働力が不足する傾向にあります。しかし、労務管理部門の人員を増員することは会社収益に直結しない労務コストを増加させます。ま…

    MORE
  • 人事情報を同一システムで一元管理!部門のデータを集約!

    人事や労務管理に携わる部門で人事評価などの情報管理に悩まされていませんか?人事情報や社員の評価は、社内でもセキュリティ管理に細心の注意が必要です。しかし、実際には各部門から集まった人事情報は人事…

    MORE

ピックアップ

人事労務管理システムを利用して業務をスマートに

評価の基準の透明化が叫ばれる昨今、人事評価などを行う際に、客観性を求められる場面が増えています。人事における労務管理についても、それは例外ではありません。考えられる解決策の1つとして、人事労務管理システムを導入する、という手があります。労務管理は、しばしば煩雑になりますし、それぞれ異な…

MORE

労務管理システムで実態分析!そしてデータをビジュアル化しよう!

人事や労務管理を行う部門に対して各部門が求めることは、労働環境の改善、適切な人員配置、そして新規採用の際には必要な人材を登用することです。しかし、これらのニーズに対して効率良くそして適切な対応ができていない状況になっていませんか?各部門から人員不足の情報ばかり、人材不足であるといった漠然とした…

MORE

人事や労務管理の担当者不足!システム化で効率化!

人事や労務管理に関わる部門においては、法改正や社会的なニーズの変化により労働力が不足する傾向にあります。しかし、労務管理部門の人員を増員することは会社収益に直結しない労務コストを増加させます。また、人員不足の部門へ増員を行えないなど、ナンセンスな事態になることもあります。そこで、人事労務管理シ…

MORE

人事情報を同一システムで一元管理!部門のデータを集約!

人事や労務管理に携わる部門で人事評価などの情報管理に悩まされていませんか?人事情報や社員の評価は、社内でもセキュリティ管理に細心の注意が必要です。しかし、実際には各部門から集まった人事情報は人事労務管理部門で厳重保管されているものの、各部門では所属員が誰でも閲覧可能な状態で保存されていることが…

MORE